ラクトフェリン 副作用

7月 18, 2014 in 未分類

 

ラクトフェリンを健康食品として販売している企業は、安全テストや副作用の検査などを十分に行っているのですが、それでも体質に合わない人は副作用が出てしまう可能性があります。
ラクトフェリンは牛の乳や母乳に多く含まれている成分なので、牛乳や乳酸系の飲み物や食べ物などを摂取した際に副作用が出てしまう人は注意が必要です。
牛乳や乳酸飲料などでアレルギーを起こしてしまうのは乳児や子供などが多いと言われていますが、成人の大人でもアレルギーを起こしてしまう人もいるので注意が必要です。

なぜ牛乳などでアレルギーが起きてしまうのかというと、牛乳に含まれているタンパク質が肥満細胞と抗体反応を起こしてしまいその結果アレルギー症状が出てしまいます。
どのようなアレルギー症状が出てしまうのかというと、下痢や腹痛、嘔吐や、目のかゆみ、くしゃみや鼻水、湿疹やアトピー性皮膚炎などの激しいかゆみに襲われます。重度のアレルギー反応が出てしまうと、喘息や呼吸困難になってしまう危険性もあります。
牛乳アレルギー意外で大豆や卵のアレルギーの症状が出てしまう人も、ラクトフェリンを摂取することでアレルギー反応が出てしまう可能性があるので、注意が必要になってきます。

ラクトフェリンの成分が含まれている健康食品の多くが注意事項を記載しているので、もし自分がアレルギー症状を持ってる場合は注意書きをしっかりと読むように気をつけましょう。


Leave a Reply